看護助手

看護助手の転職【絶対失敗したくない】

更新日:

■■今の職場が限界なら■■

1位 ツクイスタッフ

地域密着型と言えばツクイスタッフ。全国ネットで細かい求人もチェック可能。担当者さんの対応が素晴らしく、円満退職から転職先への面接までしっかりサポートしてくれます。もちろんアフターフォローもバッチリです

2位 HITOWAキャリアサポート株式会社

「スマイルSUPPORT介護」 介護のお仕事紹介

首都圏にお住まいならHITOWAキャリアサポート株式会社がオススメです。首都圏求人数が業界最多。

3位 介護士お仕事サポート

有名なベネッセの運営する介護職専門転職サイト。

絶対失敗しない看護助手の転職方法

看護師助手とは介護士の資格をもって、看護師の指示のもと働く(介護的なケアや掃除など)を行う職種です。
深刻な看護師不足や病院のコストカット的な面から非常に注目されており、

医療的なケアのみ:看護師
食事介助や排泄介助などのケア:看護助手

というような棲み分けで運営している病院も多く見られます。看護師不足の現在では注目の職種と言えるでしょう。

看護助手として働く上での悩みと言えば、

・人間関係(特に看護師と)
・給料
・病院の待遇

の3点ではないでしょうか?

看護師が意地悪。病院はブラックで労働環境は悪い。薄給。こうなると働くのが嫌になるのは当たり前です。
しかし、条件のいい病院に長く勤めていると、

・医師や看護師と顔見知りになり、診察やお薬の相談が出来る。
・親類や家族のことも相談できる。
・しっかりと昇給がある。

というような良い環境に変わっていきます。これを考えれば、看護助手の仕事自体を諦めるのは勿体ないと言えるでしょう。

看護助手で転職したいと思った時、どうすれば良い条件の病院を探すことができるか。
オススメは転職サイトの利用です。

というのも早出や遅出、夜勤。また土日祝もない看護助手の仕事ではハローワークなどに行く時間を作るのも大変ですよね。ついズルズル転職を先延ばしにしちゃいがちです。

転職サイトなら24時間いつでもチェックすることができます。

Q&A

Q)お金がかかるんじゃないの?

A)無料で利用できます。転職サイトは病院から紹介料をもらって成り立っていますから、こちらがお金をしはらうことはありません。

Q)看護助手専門の転職サイトってあるの?

A)看護助手専門の転職サイトはありませんが、資格としては介護資格になりますので、介護士転職サイトに看護助手の求人も出ています。

また、無料登録すれば、そのサイトにしかない求人(非公開求人)がチェックできるようになりますし、担当者がつきますので、わからないことや希望を相談しながら転職活動をすすめることができます。
それだけでなく、辞め方などの相談を聞いてくれたりもしますので、ハローワークで自分でやるよりずっとお得です。

とは言え、別にハローワークと併用してはいけないことはないので時間があればハローワークを覗きに行くのも全然問題ありません。
ハローワークも転職サイトもどちらも無料で利用できますから、できるだけたくさんの情報を集めて失敗のない転職をしましょう。

■■今の職場が限界なら■■
【第1位】ツクイスタッフ公式
→業界最大手。
【第2位】スマイルSUPPORT介護
【第3位】ベネッセ介護士お仕事サポート

 

看護助手も転職エージェントを活用しよう

看護助手としていくつかの病院を転職しましたが、多くは看護助手の職場としてはあんまり良いところではありませんでした。
しかし、中には素晴らしい病院も存在します。残念ながらそんなに多くはありませんが、存在するのは確かです。

時給などの給料はひどい職場でも、良い職場でもそんなに変わりません

それなら良い職場の方がいいですよね?

 

でも、ハローワークなどではそんな病院は中々見つかりません。
なぜなら好条件な看護助手の求人は募集自体が少なく、あってもすぐに埋まってしまうからです。

介護専門の転職サイトに無料登録すれば、転職エージェント(担当者)がついてくれます。「人間関係が良いところ」とか「給料アップ希望」など様々な条件を伝えることで、条件に合う職場を探してくれます。

自分一人では転職先の人間関係まではわからないものですが、転職エージェントは過去に紹介した人から得た内部情報を持っていたりしますので、しっかり活用しましょう。

【ポイント!】
いくつかの転職サイトに登録することでより複数のエージェントに相談できますし、また、それだけ非公開求人を多くチェックすることができます。

■■今の職場が限界なら■■
【第1位】ツクイスタッフ公式
→業界最大手。
【第2位】スマイルSUPPORT介護
【第3位】ベネッセ介護士お仕事サポート

 

  看護助手と看護師のパワーバランスがひどい時は転職も視野に

看護助手はコバンザメじゃない!

介護施設で働く介護職と病院で働く看護助手とでは大きな違いがあります。
それは看護師と看護助手とのパワーバランスです。

看護助手が長く勤められる職場とは

長く務めることが出来る職場の共通点の一つとして「看護師」と「看護助手」の役割がはっきり分かれており、互いに「対等」であり互いに対する「信頼関係」が出来ているということが挙げられます。

つまり、看護師は看護の分野を、看護助手は介護の分野をと、それぞれ自分たちに与えられた仕事をきっちりと行う。

その上で看護師の仕事が押していれば看護助手は協力、看護助手の仕事が押していれば看護師も協力といった関係が本来のあり方でしょう。

しかし実際、多くの離職の原因は人間関係と言われており、看護助手と看護師のトラブルはその中でも最も大きなポイントとして重要になってきます。

しかし、個人病院などでは明らかに「対等」とは言い難い「差」がある職場がほとんどです。

看護助手はコバンザメじゃない!

「看護助手」は「看護師」の顔色を窺いつつ、お伺いを立てながら自分たちの仕事を行い、それでいて助手の仕事は助手だけで行うという「暗黙のルール」が存在します。例えば、日中の排泄介助や不意のシーツ交換、おむつ交換などは看護助手が全て行っています。

中には「今、やることないし大変そうだから手伝いましょうか?」と声をかけてくれる看護師もいましたが、看護師の手を借りる、ということはまずありません。
ある時、先輩看護助手さんに、「なぜ看護師の手を借りないんですか?」ときいてみると、
助手さんは看護師の資格がないとできないこと以外は全てやって当たり前。看護師のコバンザメなんだから」

と言われました。看護師の負担を減らすべく、看護と介護の分野を分けることで生まれたはずの「看護助手」なのに、看護助手が看護師からその役割を軽んじられてきた経緯が背景にある看護助手の意地から、「私たちの仕事は私たちで完璧にやらないと」とのことでした。
この「完璧に」という言葉の中には、看護師の仕事の邪魔をせず、割り込むことなく、看護師の手を煩わせることなく自分たちだけで自分たちの仕事を完遂する、という意味が含まれているように感じられ複雑な気持ちがしました。
基本的にはこのような関係であり、それでもトラブルがなければいい方です。しかし、中にはもっとひどいところも存在します。互いに対する「信頼関係」や「協力関係」は存在せず、本来ならば協力すべき相手の粗探しばかりしているところも多くあるんです。

オススメの介護士専門転職サイト

1位 ツクイスタッフ

地域密着型と言えばツクイスタッフ。全国ネットで細かい求人もチェック可能。担当者さんの対応が素晴らしく、円満退職から転職先への面接までしっかりサポートしてくれます。もちろんアフターフォローもバッチリです

2位 HITOWAキャリアサポート株式会社

「スマイルSUPPORT介護」 介護のお仕事紹介

首都圏にお住まいならHITOWAキャリアサポート株式会社がオススメです。首都圏求人数が業界最多。

3位 介護士お仕事サポート

有名なベネッセの運営する介護職専門転職サイト。

-看護助手
-, ,

Copyright© 介護ブラック , 2017 AllRights Reserved.