男性介護職 転職方法

男性介護職の求人探しのコツ

投稿日:

男性介護職が求人を探すときに気を付けること

介護の現場は人手不足ですから、資格がなくても雇ってくれるところはたくさんあります。
しかし、男性で介護職をやろうと思ったら、介護職としてだらだらと働いていては将来の安定はありません。
男性は家庭を持つのですから、しっかり考えておきましょう。

例えば今、ブラックな介護施設に勤めている男性介護職が転職しようと求人探しを始めるのなら、その前にちょっと考えてみましょう。

・将来どのようになりたいか
・資格は何を持っているか
・どのくらいの給料が欲しいか

この順番で考えてみて下さい。

まず将来のビジョンです。
最終的にどのようになりたいかを思い描きましょう。ケアマネージャーになりたいのか、サービス提供責任者なのか、生活相談員なのか、施設長なのか、デイサービスセンター長なのか、それともあくまで現場にこだわるのか。
もちろん、途中で変わっても大丈夫です。何にも考えてなかった人は転職の機会に考えておくべきです。大体でもいいので考えをまとめておきましょう。

次に自分の資格を考えてみてください。
初任者研修2級しか持っていないのなら、まずは介護福祉士の資格を取ることをメインに据えなければなりません。今の初任者研修2級では資格の力があまりに弱く、一生を支えてくれるような資格とは言い難いです。実務者研修もありますが、どうせなら国家資格である介護福祉士を取っておくことをお勧めします。ケアマネージャー(介護支援専門員)なども介護福祉士の上に成り立ちます。いわばすべての基本です。

次にお給料のことです。
どのくらいの給料アップを望むのか。小さな事業所はどんどん経営が厳しくなっていますから、転職先の規模も将来の安定には大事になってきます。
規模が大きいところだと新規事業立ち上げの際に管理職になれたりと出世の道もそれだけ広がります。当然ですが、出世すればそれだけ給料もアップします。

求人を探すときは介護職専門の求人サイトの利用をお勧めします。働きながらハローワークに通うのは難しいですし、好条件な案件が多いからです。
無料登録すればチェックできる非公開求人には募集人数が少ない好条件の求人が多く出ています。ぜひ利用してみてください。

男性介護職の求人なら
大手ベネッセが運営する

>>介護士お仕事サポート公式<<

 

まずは資格を!男性介護職の求人探し

資格を取れば給料も上がります。

・介護職の給料:20万円
・生活相談員の給料:22万円
・サービス提供責任者の給料:22万円
・ケアマネージャーの給料:24万円
・管理職(フロアリーダーなど)の給料:27万円

全て月給で総支給額

多くの職場では資格手当が出ています。介護福祉士を取るだけで給料アップにつながることも多いはずです。逆を言えば、資格がなければ20万円に満たないままで続いていく可能性もあります。
何度も言いますが、介護業界では介護福祉士が基本になってきます。

今の職場が介護福祉士資格取得のサポート体制がなかったり、忙しくて勉強できないというようなら、時間をとれるところに転職しましょう。
一時的に給料が下がったとしても、しっかりと資格を取ることを念頭に1年は頑張るべきです。

介護職専門の求人サイトは無料で利用できますし、「スキルアップサポートのある職場」や「日勤のみの職場」なども見つけることができます。このような探し方はハローワークではなかなかできません。
よくわからない場合は担当者さんに相談すれば一緒に探してくれたりもしますから、ぜひ利用してみましょう。

オススメの介護士専門転職サイト

1位 ツクイスタッフ

地域密着型と言えばツクイスタッフ。全国ネットで細かい求人もチェック可能。担当者さんの対応が素晴らしく、円満退職から転職先への面接までしっかりサポートしてくれます。もちろんアフターフォローもバッチリです

2位 スマイルSUPPORT介護

「スマイルSUPPORT介護」 介護のお仕事紹介

首都圏にお住まいならスマイルSUPPORT介護がオススメです。首都圏求人数が業界最多。

3位 介護士お仕事サポート

有名なベネッセの運営する介護職専門転職サイト。

-男性介護職, 転職方法
-,

Copyright© 介護ブラック , 2017 AllRights Reserved.